祖父の字と書道

2017年05月09日 13:40


昨日マッサージにいらした書道の先生とそのお弟子さん達の作品展が5/10〜5/15大宝堂地下のアートスペースであるそうです。
私も時間を作って作品展にお伺いしたいと思っています。

書道と言えば、私の祖父が、私が小さな頃お寺の住職をしながら習字を教えていて、小さな頃の私もそれを習っていたんです。

多分、今思うに、書と向き合う前に先ずは自分と向き合う所から、という事だったのかな?と思います。

祖父とのお習字の時間では、字を書く前に必ず硯で墨をするんです。
小さな頃の私には、あの作業がどうしても苦痛でした。

正座で背筋を伸ばし、なかなか黒くならない墨を泣きながら小さな手ですっていた記憶があります。
いつも優しい祖父がお習字の時は厳しい顔つきになるのも苦手でした。

七夕の前になると、必ず早朝に起こされて、里芋の葉に溜まった朝露を祖父と集めてまわり、それで硯で墨をすり、短冊に願い事を書くという、当時の私には気が遠くなるような憂鬱な1日でした(笑)

学校の習字の時間にも事前に家で墨をすって容器に入れ替えて持って行っていた私、小学校3年生の時祖父が亡くなって、町の別の書道教室に行き始め、初めて墨汁と言うものを知りました。
なんだ!こんな便利な物があるんじゃん!!
あの時の感動ったら(^^;

そして月日は流れ、私が大人になったある日、母の友人のお母様が亡くなられお悔やみにご自宅へお伺いした時のこと、壁に掛けてあった掛け軸を見て、何故か涙が出てきました…
「これは!!!…」
その掛け軸は亡くなられたお母様が書かれた物という事で、私の瞼の裏の祖父の字と重なる物があるんです。
聞けば、そのお母様は私の祖父のお弟子さんだったとのこと。

大好きだった祖父が、その方の字の中に生きてるんです。
そうか!!こういう事なんだ!
なんで私は祖父が亡くなる前にもっと祖父の字と向き合わなかったんだろう…
墨をする所で挫折してしまっていた事をとても後悔しました。。。

残念な事に、母も、多分墨をする所で挫折した派らしく、母の字の中にも祖父は居ません(^^;

やっと今、あの七夕の前のあの時間の貴重さも素敵さもわかる歳になり、いつかまた硯で墨をするあの時間を持てるようになるといいなと改めて思います。

瞼の裏の祖父の字はもう随分輪郭もボヤけてしまっています。
五十歳になったら時間を作って好きな字の先生を探し書道を習いに行こう。
それが今は何年後かの私の未来の楽しみのひとつです。

2017.4月ワークショップ

2017年04月13日 00:04

2017年4月中旬はワークショップを詰め込んでます。

今日は第一弾は明影先生の手相基礎体験講座でした。

個性的な参加者の皆さんのパワーが凄くて、面白い面子が揃ったな〜…とフフフッと1人微笑んでました(o^^o)

だってね〜、カラーセラピストあり、マインドブロックバスターあり、スピリチュアルカウンセラーお2人…スポーツジムのインストラクター、マレーシア在住の女性、カナダにずっと住んでた女性、大学で日夜研究に携わる女性、濃くないですか???
素晴らしい限りです。
手相


イヌボウ珈琲4月のイベント情報です。

イヌボウ珈琲4月のイベント情報です。
4月中旬は、個性的な講師の方々を迎え、面白そうなイベントがたくさんです。

ご興味ある方は是非それぞれのfacebookページをご確認ください(o^^o)

4/12 『手相基礎体験講座』(満席)
講師明影先生
https://www.facebook.com/events/1865044080427712/?ti=icl

4/14『サードメディスンカウンセリング』
講師 中川先生
https://www.facebook.com/events/100244720515768/?ti=icl

4/17『ホリスティックなアロマケア〜ヘルシーエイジング』
講師 野尻先生
https://m.facebook.com/events/981269918671067/?ti=icl

4/20『あなたのお悩み⭐️香りで解決!!アロマヒーリングセッション』
講師 岡野きほ先生
https://www.facebook.com/events/1408590725859990/?ti=icl

炊き出し

2016年06月07日 08:45

そうそう、4月19日にはカフェで炊き出しをしたんです。

幸い自宅がある地域のライフラインは今回の震災で生きてたので、仕込みはある程度自宅で済ませ、整体院に備蓄していた水をカフェに運び、まだ水も都市ガスも出ていなかったカフェの近くの方々が少しでも温かい物を食べれたらいいなという思いでした。

カフェは、プロパンなので煮炊きが出来る状況で助かりました。

だご汁を寸胴3台分と、そして、カフェに餅米の備蓄があったことをおもいだし、妹やお友達に協力をもらって炊き込みおこわをおにぎりにしました。



近くの学校などにまだみなさん避難されていて、本当に疲れた表情をされてる方ばかり。
親が仕事に行っているのか子供達だけで数人が2時頃来て「これが今日初めてのご飯だよね。」と話してるのを聞いた時は、炊き出ししてよかったな〜と思いました。

地震後のお店の片付けや、翌日からの営業再開の為の仕込みをしながらの炊き出しだったので、店舗前でやりましたが、避難所などに持って行けたら、避難所から動けない方々などにもお渡しできたのにな〜…とあの日の炊き出しを振り返って、自分なりの反省点でした。

激動の日々でした。

2016年06月05日 17:34

4月からこっち、まさに激動の日々でした。

娘の結納前日、あのまさかの大揺れ…

厨房やカウンターの中はぐちゃぐちゃ…
あの食器や酒瓶がぶつかりながらガチャガチャバリーンと落ちてきて壊れる音がもうトラウマです。

前震当日余震で揺れる中退避するためバックドアと表のドアを開けっ放しにしながら片付けたのですが、揺れる前には地鳴りがするんです、地鳴りがしたらすぐ外に出る揺れが収まったらまた片付けるこの繰り返し。
でも、空をヘリコプターが飛ぶと地鳴りが聞こえず突然揺れる…
神経を研ぎ澄まして大地の声を聞きながら片付ける。
今思えばそのまま放置して帰ればよかったんですけどね〜…
食品やガラスの破片をかぶった皿などを水が出るうちに洗いたい一心でした。

なのに、、、翌日娘が帰省してきた夜中、またしても前のを凌ぐ大きさの地震。。。

今度は自宅で…
真っ暗な中慌てて外に出ても、あたりは静か…騒いでるのはまさかのうちだけ!???( ゚д゚)なぜ!???

え!?確かに両隣セキスイのお家だから、お家が丈夫であんまり揺れなかったのかな??

我が家はオンボロだからね〜…きっと窓割れたよね>_<

あ!!お隣は看護師さん夫婦で夜勤なんだ!だから静かなのか!

反対隣やその前は、大きな宗教団体の一員の方なので前日の揺れできっとあの組織の広い敷地に避難されてるんだろうな〜…

じゃあ、ここに居るのはうちだけか!!!
よし!近所の体育館に避難しよう!!と東京から帰省してる娘と娘とその恋人と家族で車2台に分散して一目散に体育館をめざしました。

いやー、翌日早朝家に戻って驚き!!
どこかに避難してると思ってたお隣さんがいらっしゃるではないですか!!!
ひゃあ〜!避難するときひと声かければよかったな〜>_<
でもまあ、とにかく無事でよかった(^^;;

それからは、体育館での炊き出しだったり、店の片付けだったり補修だったり、娘達を東京へ帰すため福岡空港まで送りに行ったり、お店で炊き出しをしたり、余震の続く中、また大きな揺れがあったら物が降ってくるんじゃないかな?建物が壊れるんじゃないかしら?とか恐怖を抱えながらですがなんとか営業を再開致しました。

この間、物資や、お見舞いを頂いた県外のお友達や親戚の皆様、ありがとうございました。

明日何があるかなんて本当にわかりませんね〜…

後悔しないよう生きとかないと!

カフェと整体

2015年09月27日 01:08

カフェはなんとか慣れてきて、息子達と一緒に頑張ってます。
平日にワンコインランチを試験的に導入したり、ハンドメイド雑貨の取り扱いを始めたり、ワークショップや、講習会などいろんな方とコラボしたり、手探りながらも通常営業にイベントをプラスしながら少しずつ少しずつ前進してる感じです。
そして、アイリス整体院はというと、タイミングよく兄弟子とも言える先輩お二人の力をお借りでき、私としても、先輩方としてもギブアンドテイクな関係を保ちながら多分今これ以上無いメンツでの営業をしています。
せっかくこのメンバーが揃ったので攻めるべきところなのですが、私自身が現在整体を出来ていないのとカフェの営業でキャパが無いので、スタッフさん皆んなで運営して頂くかたちで落ち着いてる感じですかね。
整体は私の中ではこの先どういうふうに残して行くのかはじっくり検討が必要な課題です。
大きくするのか、縮小するのか、現状維持か何が最適なのか、そして自分の気持ちはどうなのか、なんだか難しいですね(^^;;
さて、また明日も頑張ろう!(^_−)−☆