スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶の中の笑顔

2011年08月06日 01:47

以前務めていた会社で業務でやり取りがあった方が昨日お亡くなりになりました。

くも膜下出血で倒れられたと聞いたのが1週間位前・・・

奇跡が起きてくれることを祈る毎日でした。。。。。


お通夜に行って聞いて驚き、まだ43歳だったんだ!

私が会社を退社するとき、たくさんの方へご挨拶メールを配信したのですが、そのかたは、「これまで◯◯さんには◯-◯◯◯の業務などで大変お世話になりました。ありがとうございました。これから新しい道でがんばってください」というようなメールを返信してくれていて、それまで会社で積み上げてきた経験を捨て、新しい道へ進む私にはどれだけ勇気づけられたことだったか・・・

温かい心遣いが嬉しかったので、他部署の方でしたが、その後直接退社のご挨拶に伺いました。

その時話したのがあの方との最後の会話になろうとは・・・

あの時のあの方の笑顔が、瞼の裏に鮮明に蘇ります。

儚いものですね。

日常に起きる、人との別れが怖いと思いました。

誰とでも、明日も、今日と同じに会えるものとは限らない・・・

今日の「さよなら、また明日」が永遠になるかもしれない・・・

そう思うと、どんなときも、誰とでも、一期一会の精神で、悔いのないように対峙して行かないといけませんね。

そして私も誰かの記憶の中で笑顔で生きて行けるように、いつも穏やかな空気をまとう人でいたい。


私の記憶の中に笑顔を遺したあの方のご冥福をお祈り申し上げます。




コメント

  1. あかちん | URL | -

    Re: 記憶の中の笑顔

    こんばんは。
    深く考えると眠れなくなります。
    むしろ魂としてどこかで触れ合えると思っていただきたいです。
    おもてなしの心は通じますよ。

  2. 楽 | URL | -

    本当に、一日一日大切に生きたいね。
    命って、儚いものです。

  3. みるくジャム | URL | -

    Re: 記憶の中の笑顔

    楽さん、あかちんさんありがとうございます。

    お通夜でうちの子達と同じくらいの年の子供さんを見ると、ほんとにやるせない気持ちでしたが、自分自身に置き換えると、子供たちに対しても、自分に対しても、悔いのないように今日を生きるしかないなと思いました。
    今日も頑張っていきたいと思います^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hana1118.blog64.fc2.com/tb.php/602-5fe2d59a
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。